So-net無料ブログ作成

目次 『夢をかなえる 読書術』 伊藤 真著 サンマーク出版 [読書法・術]


夢をかなえる読書術

夢をかなえる読書術

  • 作者: 伊藤 真
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2017/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



(以下、目次)

はじめに
汚したぶんだけ、本は自分のものになる
合格した人の共通点は「よく本を読んでいること」
この世に「おもしろくない本」は存在しない

第1章 夢をかなえる本の「選び方」
限られた人生の中で、どんな本を読むべきか
自分と「反対の考えの人の本」を意識して選ぶ
「同じ意見の人の本」はこうして読む
自分と「違うジャンルの人の本」も積極的に読む
ゴールから発想するのに「合格体験記」が役立つ
「なりたい職業に就いている人の本」の選び方
その世界でトップの「超一流」の人の本を読む
いますぐ役に立つ本は、すぐに役に立たなくなる本
ひとつのテーマで「20~30冊」まとめて買う
分厚い本で「負荷」を高めることが大切
「薄い入門書」のあとにチャレンジするべき本

第2章 夢をかなえる本の「使い方」 
自分の血肉にするために、徹底的に書き込もう
「教科書」をとことん使い倒すときに注意すること
「本をコピーして持ち歩く」方法をすすめる理由
テーマごとに、本をコピーして、保管する
「ボールペン・メモ帳・付箋」をいつも持ち歩く
ボールペンとラインマーカーのマーキングの仕方
「音読」と「セルフレクチャー」で記憶を定着させる
ページの「上折り」と「下折り」を使い分ける
「キーワード」を四角で囲んで目立たせる
「使い道」を意識しながら、パソコンでまとめる
机の上に本をできるだけたくさん広げて、考えを深める
本を「主体的」に読むために意識すること

第3章 夢をかなえる本の「学び方」
「読むのに時間がかかる本」に挑戦する
背伸びした本が、きっと自分を成長させてくれる
「速く」読めることは、大きな武器になる
「要するに」を考え、「推理」しながら読む
「かたまり読み」で全体をざっくりつかむ
接続詞の「しかし」に注目して読む
本は、はじめから順に読まなくていい
「小見出し」を拾い読みして、「引っかかり」を見つける
「具体例」と「註釈」をとくにしっかり見る
「同じ本を何回も読む」と何が起こるのか?
「ローギアでじわじわ掘り下げる人」の学び方
優秀な人とは「複合的な視点」を持っている人

第4章 本をもっと楽しむために
自分の部屋で「立ち読み」をしてみよう
読書が楽しくなる「一人つっこみ」のすすめ
玄関に何冊か本を置いておく「習慣」をつくる
いろいろな場所で、本と出会おう
本を読む時間をスペシャルに演出する
自分の中の「スイッチ」を切り替える儀式を持つ
「読書の時間」を生み出すためにやっていること
いろいろな人の感想にふれる「読書会」を楽しむ
瞬時に「現実逃避できる本」をいくつか用意しておく
夢をかなえるために「健康で頑丈な体」をつくっておく
堂々と自分の好きなように自由に受け止める

第5章 読書で夢をかなえる
「本で助けられた経験」の有無が人生を分ける
本の意味は「そのときの自分」によって変化する
成功も不成功も、結局どちらも幸せである
『ソクラテスの弁明』が教えてくれた死生観
涙をこらえることができなかった、一冊の歌集のこと
自分の中の何かが変わることが「成長」である
物質は有限だが、魂は無限である
読書とは、人間しかできない「次元を変換する作業」
「心の強さ」を鍛えて、あなたの「金脈」を掘り起こそう
本とは「考えるための素材」である
人生は「有効な無駄」で成り立っている

おわりに


勉強は「がんばらない」ほどうまくいく

勉強は「がんばらない」ほどうまくいく

  • 作者: 伊藤 真
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



トラックバック(0) 
共通テーマ:

トラックバック 0