So-net無料ブログ作成
検索選択

目次『昭和維新史との対話 検証5・15事件から三島事件まで』保坂正康・鈴木邦男著 [日本史]





ざっと通読して印象に残るのは・・・

「思想」をきちんと持てという励まし

「右」だの「左」だのと安易に分けることなく、「行動」の背後にある「思想」の有無、中身をしっかり見ろということ。きちんと歴史を踏まえて考えろ、ということ。


(以下、目次)

まえがき 鈴木邦男

第1章 国家改造運動の群像
国家改造運動とは? 前提となる3つの視点
大正天皇と虎ノ門事件
統帥権と大善ーーなぜ昭和はこんなスタートを切ったのか?
大善という独善
「統帥権」の時代
血盟団事件

第2章 五・一五事件と農本主義
橘孝三郎の思想とは?
北一輝とは何者であったのか?
農本主義はなぜ東北にしかないのか?

第3章 軍事学なき〈軍人大国〉
日本文化に挑戦した日本軍
大東亜戦争・太平洋戦争の3つの過ち
戦後も苦しみ続けた兵士たち
日本は兵士の冥福を祈ったのか?
戦友会で話されること
ロシア兵を背負う日本兵が伝えたこと
昭和史のテロリズム
国民皆兵というターニングポイント
兵隊と地方気質
理念なき戦争への一歩とは?

第4章 未完の国家改造運動と日米開戦
二・二六事件から翼賛体制へ
国家改造運動の多様性
開戦と開戦詔書の問題点
東條英機はなぜ首相になったのか?
戦争の呼称がなぜ決められないのか?
さまざまな軍の実態

第5章 戦後の革命家たち
「ヤルタ・ポツダム体制批判」の視点
日本型エリートの原型と功罪
戦前の革命家たち
三島由紀夫と楯の会
鼻をつまんで生きてきた時代とは

第6章 国家改造運動の残したもの
戦後の思想のバックボーンとは?
戦後の相克
公文書を燃やしてしまう国
言葉が軽んじられる時代
残酷な世界を生きる
“自虐的”だと力を発揮する国
正史に記述されてない日本人
涙のテロリズム
今も惹かれる昭和史の残影
希望ではなく絶望の名の下に

注 / 関連年表

あとがき 保坂正康


大右翼史 (1974年)

大右翼史 (1974年)

  • 作者: 荒原 朴水
  • 出版社/メーカー: 大日本一誠会出版局
  • 発売日: 1974
  • メディア: -


上記書籍について、鈴木邦男氏は次のように語る

そもそも一般論として、思想の有無を批判したり、注目して考えるという習慣が稀薄ですよね。僕が幸運だったのは、若い頃に素晴らしい先生、思想家がいたんですね。福田恒存とか三島由紀夫、松村剛とか、そういう志を持った人たちの指導を受けて勉強していましたから、幸せだったと思いますね。荒原牧水という人の『大右翼史』というぶ厚い本にも影響を受けました。これはすごい本で、千ページぐらいありますし、刊行当初、皆と言っては失礼だけどほとんどの人が評価しなかったですよね。あのボリュームじゃ、そもそも買う人いないから。いくらなんでも千ページですからね。書いた本人は、売れると思ったのかな?なんかゴリゴリの右翼の主張というか思い込み満載本かなと思って嫌だったんですけど、とんでもない誤解で、後で読んでみたら右翼史を詳細に考察したものすごい本でした。

保坂氏は・・・

僕の場合、『大右翼史』を入手したのは橘孝三郎さんが薦めてくれたからで、ずいぶん前に入手したものですけど、今でもあの本はとても便利な事典でもありますよ。 p264,265

*********

(以下 p268,269「公文書を燃やしてしまう国」から)

保坂:そうなんです。軍なんかが公文書を燃やすというのは、結局、我が身かわいさだけですもんね。それが許せないんです。

鈴木:その点、自分の思想を伝えるとか、主張を訴えるというところは軍や政府よりも民間の思想家たちのほうが真剣だし、必死ですよね。権藤成卿さんの著作などを読みますと、難しいですよね。当時の愛国を志す人たちも、それを一所懸命読んで、その思想を我がものにしようとしていますよね。その勉強ぶりはすごいものだと思います。



鈴木:今は自分の思想を必死で言葉にして伝えようとする人は、少ないですよね。あるいは逆に、昔の日本人が想いを言葉にすることに異常にこだわっていたということもあるかも知れませんが。犬養毅の「話せば分かる」も有名ですし。





トラックバック(0) 
共通テーマ:

トラックバック 0