So-net無料ブログ作成

〈あのひとががんになったら - 「通院治療」時代のつながり方〉 桜井なおみ著 中央公論新社 [医学・健康]


あのひとががんになったら - 「通院治療」時代のつながり方 (単行本)

あのひとががんになったら - 「通院治療」時代のつながり方 (単行本)

  • 作者: 桜井 なおみ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: 単行本



書籍タイトルよりも内容は広い。「あの人ががんになったとき」だけでなく、「自分ががんになったときに」役立つ知識・情報・知恵が、著者自身の(闘病の)経験・知見にもとづいて記されている。がんになった「あのひと」、友人、家族、同僚・・とどのように接したものか・・、また、自分がそうなったとき、どのように対応・処世できるか・・、医療を受けながら会社にとどまるための知恵・・、部下、同僚がそうなったときの配慮の仕方・・など示されていく。「がん対策基本法」、「高額医療費制度」も言及され、その利用の仕方も示されて、身体面、心理面、経済面でたいへん有用であり実践的である。がんにまつわるいろいろを理解したうえで、どっしり受け留めていく助けとなるにちがいない。たいへん頼もしい本だ。

【目次】

はじめに
こんなご質問をよくいただきます
がん告知を受けて
世間は冷たい!? メール後の反応は
お互いに歩み寄るために

第1章 がんと患者の現在地-入院は短く、通院は長く
「お若いのにかわいそう」?─もはや高齢者の病気ではない
「がん=怖い」イメージが強いけれども
「どうして」と聞かれても─がんは生活習慣病?
私のがん発見記
「治ってよかったね」は合わない
がん治療の現在地
入院は短く、通院は長く
心と体が最も落ち込むのは通院治療中
増える「コミュニケーション」についての悩み

第2章 あのひとががんになったら―よりよいコミュニケーションを考える
いちばんは「普段どおり」
でも過度の期待はすべからず
言われてうれしい言葉
言われると傷つく言葉
「頑張れ」は諸刃の剣
【「家族」ががんになったら】 
1 ただ近くにいる、ただ話を聞くことがいちばん
2 ビッグイベントには付き合う
3 子どもには伝える? 伝えない?
4 高齢の親には伝える? 伝えない?
5 急に怒り出したら
6 「あなたに私の気持ちはわからない」と言われたら
7 夫婦間ですれ違いが起こったら
8 親や兄弟姉妹ががんになったら
【「友人」ががんになったら】
1 無視がいちばん辛い
2 気持ちを省略しないで
3 かける言葉がなかったら
4 「手術が終わった」と言われたら
5 患者以外の自分になれる時間がうれしい
6 お見舞いについて
7 孤独にさせない
【「職場の仲間」ががんになったら】
1 「実は……」と言われたら
2 早期かどうかを聞くのはやめて
3 部位について聞くのはセクハラかも
4 視線もセクハラになる
5 「ウィッグかな」と思ったら
6 コミュニケーションは密に
7 「大丈夫?」以外の聞き方を
8 ピリピリしていると感じたら
9 見た目と違う辛さもある
10 暑いの?寒いの?
11 「よかれ」が相手を傷つけることも

第3章 あなたががんになったら―必要なのは「患者力」
「患者力」を高めよう
患者力を上げるコツ① ─「知る」(自ら作戦を立てる / 「影響」「時間」「対処法」を聞く / 人生の棚卸しをする)
患者力を上げるコツ② ─「伝える」(自分で受けた治療を説明できるか / 職場に説明するには「仕事言葉」で / どこまで伝えるべきか)
患者力を上げるコツ③ ─「相談する」(まず立ち止まって深呼吸 / 「新しい日常生活」を見つけよう / 即断即決しない / がんの「オキドコロ」を考えよう

第4章 がんと会社-「通院治療」時代に働くということ
ステージ4でも働けます
なぜ起こる?  「がん離職」
がん離職①─4人に1人は診断後1か月以内に離職
がん離職②─復職後1年以上経ってからの離職も多い
がん離職③─中小企業では3人に1人が離職
権利主張ではなくスペック主張で
上司は「役割」「目標」を一緒に考えよう
患者さんをきっかけに「働き方改革」を進めよう
制度をどう使うべきか
個人事業主に立ちふさがる現実
自営業は〝自衛〟業
がん患者が働く目的は「生きがい」より「お金」

第5章 もっとつながるために―知っておきたい情報あれこれ
「がん対策基本法」を知っていますか
「改正がん対策基本法」で何が変わるのか
がん治療薬は高額?
知っておいてほしい「高額療養費制度」
いざというときに頼りたい産業医
がんを知ることが、いちばんのがん対策

おわりにーー「健康」とは何か

nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0