So-net無料ブログ作成

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』 千葉雅也著 文藝春秋 [哲学]


勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために

  • 作者: 千葉 雅也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



たいへんおもしろい。自立・自律した自己を形成する上で参考になる。それは、「ノリの悪い」「浮いた」人間になるということでもある。勉強には、そもそも、そのようにさせる・なる性格があるようだ。本書では、勉強を哲学して、効果的に、この世から浮揚し、空中に適度に留まる方法が示される。

そう。勉強すると「空中浮揚」が可能になる。それでも大丈夫、ヘンな宗教に誘う本ではない。

著者はいう。〈これから説明するのは、いままでに比べてノリが悪くなってしまう段階を通って、「新しいノリ」に変身するという、時間のかかる「深い」勉強の方法です。〉 // 〈勉強の目的とは、これまでとは違うバカになることなのです。 / その前段階として、これまでのようなバカができなくなる段階がある。/ まず勉強とは、獲得ではないと考えてください。 / 勉強とは、喪失することです。 / これまでのやり方でバカなことができる自分を喪失する。 / これまでと同じ自分に、英語力とか何か、スキルや知識が付け加わるというイメージで勉強を考えているのなら、勉強を深めることはできません。(「はじめに」p13,14)〉

そう。勉強することにより、「変身」できる。ただし、喪失の体験を伴いながら・・・

こう書いてきて、吉本隆明の、そして鹿島茂の体験を思い出した。

吉本隆明を規定した人生最大の事件(鹿島茂)
http://bookend.blog.so-net.ne.jp/2012-03-28


(以下、目次)
はじめに

第1章 勉強と言語 (言語偏重の人になる)

勉強とは、自己破壊である
自由になる、可能性の余地を開く
目的、環境のコード、ノリ
自分は環境のノリに乗っ取られている
自分とは、他者によって構築されたものである
言語の他社性、言語的なヴァーチャル・リアリティ
二つのノリがぶつかる狭間から、言語の世界へ
言語の不透明性
道具的 / 玩具的な言語使用
自分を言語的にバラす
深く勉強するとは、言語偏重の人になることである

第2章 アイロニー、ユーモア、ナンセンス

自由の余地は、「浮いた」語りに宿る
ツッコミ=アイロニーとボケ=ユーモアで思考する
コードの不確定性
わざと自己ツッコミと自己ボケ
コードの転覆
ナンセンスという第三の極
会話を深めるアイロニー
アイロニーの過剰 (超コード化による脱コード化)
新しい見方を持ち込むユーモア
ユーモアの過剰 (コード変換による脱コード化)
もうひとつのユーモア (不必要に細かい話)
「享楽的こだわり」と「非意味的形態」
アイロニーからユーモアへ
享楽のノリが究極のノリである
名づけの原場面 (新たに言語に出会い直す)

第3章 決断ではなく中断

現状把握から問題化へ、キーワード出しへ
キーワードを専門分野に当てはめる
発想法としてのアイロニーとユーモア、追求型と連想型
勉強のきりのなさ
考えて比較をする
アイロニーから決断主義へ
比較の中断
こだわりの変化
欲望年表をつくる
メインの欲望年表 (千葉雅也の場合)
サブの欲望年表
メインの年表とサブの年表をつなげる
来るべきバカへ

第4章 勉強を有限化する技術

専門分野に入門する
読書は完璧にはできない
入門書を読む
教師は有限化の装置である
専門書と一般書
信頼性、学問の世界
読書の技術 (テクスト内在的に読む)
二項対立を把握する
言語のアマ・モードとプロ・モード
ノート術 (勉強のタイムライン)
書く技術 (横断的に発想する)
アクトライナーと有限性

結論 / 補論 / 参考文献 / あとがき

**(以下、「はじめに」からの抜粋)**

2000年代の末に、SNSとスマートフォンは、生活を劇的に変えました。

今日、スマホを持ち歩く私たちは、どこにいてもネットの「情報刺激」にさらされ、気が散っている。過剰な量の情報が、光や音の連打のように、深く考える間もなくどんどん降り注いでくる。SNSに次々に流れてくる話題に私たちは、なんとなく「いいね」なのか、どうでもいいのか、不快なのかと、まず感情的に反応してしまう。すぐに共感できるかどうか。

共感、それは言い換えれば、集団的なノリです。思考以前に、ノれるかどうかなのです。


いま、立ち止まって考えることが、難しい。

溢れる情報刺激のなかで、何かに焦点を絞ってじっくり考えることが、難しい。

本書では、そうした情報過剰の状況を“ユートピアとして積極的に活用し”、自分なりに思考を深めるにはどうしたらいいかを考えたいのです。

そこで、キーワードになるのが 「有限化」です。

ある限られた=有限な範囲で、立ち止まって考える。無限に広がる情報の海で、次々に押し寄せる波に、ノリに、ただ流されていくのではなく。

「ひとまずこれを勉強した」と言える経験を成り立たせる。勉強を有限化する

***引用ここまで***

列車の旅に『勉強の哲学』を持参
http://bookend.blog.so-net.ne.jp/2017-07-30


背景の記憶 (平凡社ライブラリー)

背景の記憶 (平凡社ライブラリー)

  • 作者: 吉本 隆明
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 1999/11
  • メディア: 文庫



トラックバック(0) 
共通テーマ: