So-net無料ブログ作成

『聖書植物園図鑑―聖書で出会った植物たちと、出会う。』丸善プラネット [宗教]


聖書植物園図鑑―聖書で出会った植物たちと、出会う。

聖書植物園図鑑―聖書で出会った植物たちと、出会う。

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 丸善プラネット
  • 発売日: 2017/06/01
  • メディア: 単行本



聖書には100種超の植物が登場する。福岡にある西南学院大学は1999年の開学50周年記念事業に、それらの植物を復元・展示しようと聖書植物園を開園。現在までに約100種の聖書関連の植物を集めた。本書は植物園内の植物をフルカラーで掲載し、植物が登場する聖書の「聖句」とその解説、植物の解説、入手と栽培方法を紹介している。

1ページに1品種、1「アーモンド」からはじまり100「ワタ/ 綿」まで、100種が取り上げられ、その植物の写真、英語名、開花期、登場する聖句とその解説、植物の解説、入手栽培方法が示される。

「放蕩息子」が空腹を満たしたいと願った『いなご豆』や預言者ヨナを暑い日差しから守った「とうゴマ」がどんなシロモノか写真で見ることができるのは嬉しい。写真がちいさい(45㍉x55㍉)のが残念だが、書籍自体の判型ゆえ仕方がない。

因みに「とうゴマ」は65に出ている。その『植物解説』は、「東アフリカ原産の、5mくらいの大きさになる宿根草である。トウゴマの種は、前4000年頃のエジプトの墓所で発見されている。種子は40~60%の油分をもち、灯油や化粧品としても使われ、また虫下しのために利用されてきた(ひまし油)。種子には毒性アルカロイドのリシンが含まれ、代表的な有毒植物である。原酒は緑色であるが、園芸用に赤葉の品種も開発されている。雌雄同株である。」

(以下、「発刊に寄せて」から抜粋)

「我々が、梅の花に菅原道真を、桜に西行の姿を重ね合わさるように、彼の地の人々は、春先に花を咲かせるアーモンドから預言者エレミヤの人生に思いを馳せることでしょう。アーモンドがどのような木であり、そのヘブライ語名は何というのか、このようなことを知ることは、エレミヤがどのようにして神の言葉に触れたのかを理解することと深く結びついていることなのです。」

座右に置いて、聖書理解の助けとしたい。

**********


舊新約聖書―文語訳クロス装ハードカバー JL63

舊新約聖書―文語訳クロス装ハードカバー JL63

  • 作者: 日本聖書協会
  • 出版社/メーカー: 日本聖書協会
  • 発売日: 1993/11/01
  • メディア: 大型本



文語訳 聖書

文語訳 聖書

  • 出版社/メーカー: サキ出版
  • 発売日: 2013/10/18
  • メディア: Kindle版




共通テーマ: