So-net無料ブログ作成
日本語・国語学 ブログトップ

『三省堂国語辞典のひみつ: 辞書を編む現場から 』 飯間 浩明著 新潮文庫 [日本語・国語学]


三省堂国語辞典のひみつ: 辞書を編む現場から (新潮文庫)

三省堂国語辞典のひみつ: 辞書を編む現場から (新潮文庫)

  • 作者: 飯間 浩明
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 文庫



『三省堂国語辞典(略して「三国」)』の編集の現場にいる飯間 浩明氏が、『三国』の編集方針や使い方について教示する本。国語辞典は、自社・他社ともに多く発行されているが、そのチガイを示す本。そして、『三国』を(できれば第一に)利用するよう勧める本。

『三国』の編集方針「基本姿勢は、あくまでも、現代語(の全体)を鏡のように映し出す辞書を作ること(p39、97)」。「およそ現代語なら、どんな材料でも等しく採集対象(p40)」とし、その「材料」には、「落語や時代劇のことば」、「新聞の短歌・俳句欄の古風なことば」、「インターネット掲示板やツイッターで交わされる俗語、珍語、よく分からないことば」など現に流通している言葉、そして「これから現代日本語として定着するかもしれないことば」が入るという。そのような方針で採集された中には、大型辞典にも掲載のない場合もあり、《新聞・出版界など辞書をよく利用する人たちの間には、「『広辞苑』にない言葉は『三国』を引けばある」という話が冗談まじりに交わされている(「『広辞苑』は信頼できるか」講談社 p203)》そうである。

当初、『三国のひみつ』を読んでいて、つらく感じた。その説明が自分の感覚と合わないのである。「現代語の(全体)を映し出す」鏡の前に立って、自分の古さを痛感させられたようだ。たとえば、「号泣」の説明を読んで、それはないだろうと思った。そこには、「号泣」②の例文として「静かに号泣する」が挙げられていた(p70)。「号泣」は、本来、声をあげて泣くもののはずである。しかし、その語釈の表記に〔俗〕とあるのをよく理解していなかったことが「それはないだろう」の理由であることが後に分かった。『俗語と話しことばのチガイ(p264~)』のところで、〔俗〕の意味が、「公式の場では使いにくく、テレビのニュースではなおさら使いにくいことば」「また、まともな生活を送っている人はふつう口にしない、卑語や隠語の類いも〔俗〕に入ります」と記されてあった。そして、再び先の説明に戻って(「号泣」②を〔俗語〕として取り上げた理由)、「誤用と言うにはあまりにも広まった用法であり、非公式の場でならば、ごくふつうに使われることばだと考えるに至ったからです。/ 第6版の時点から第7版の時点のわずか数年で、『号泣』の②の勢力はそれほどにも強くなっていたのです」を読んで納得した。要するに「号泣」②の用法は、社会的に是とされているわけでも、編集サイドで容認しているのでもなく、あくまでも、「現代」における一勢力として広まっていることを示したに過ぎないということが分かったのである。「号泣」②は、そのような中のほんの一例にすぎないのであろう。『三国』を見ると、そのような事例を多く見出すことができるのだろう。それは、いわば現代語の勢力地図を示すものであり、把握するものともなるのだろう。古い人間にとっては、「現代」における新たな勢力に遭遇する、覚悟を決めるうえでの助けとなるにちがいない。

三省堂の国語辞書というと、『大辞林』『新明解』を思い浮かべ、書店で『三国』を見ると、その存在意義を疑問に思ったりもしたものだが、本書を読んで、了解した。見直したと言っていい。その語釈の説明に《「にやり」の新明解、「すとん」の三国》とあるが、たいへんコンパクトな辞書に、「現代」が「すとん」と詰め込まれているのが『三国』であることも分かった。本書を読んで、『三国』は三省堂のナンバー1の国語辞書、三国一の国語辞典と言っていいかも・・・と、いま思っている。

三省堂国語辞典 第七版

三省堂国語辞典 第七版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: 単行本



新明解国語辞典 第七版

新明解国語辞典 第七版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • 発売日: 2011/12/01
  • メディア: 単行本



大辞林 第三版

大辞林 第三版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • 発売日: 2006/10/27
  • メディア: 大型本


続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本語で一番大事なもの』 大野 晋・丸屋才一 中公文庫 [日本語・国語学]


日本語で一番大事なもの (中公文庫)

日本語で一番大事なもの (中公文庫)

  • 作者: 大野 晋
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 文庫



古語辞典編纂者で日本語の権威 大野 晋と J・ジョイス研究家であり作家・翻訳家でもある丸谷 才一による"異色対談"程度に思って手にしたのだが、その中身は「日本語で一番大事なもの」をめぐるこく深いものであった。

「日本語で一番大事なもの」とは助詞・助動詞をさす。つまり「てにをは」のことである。それが日本語の特徴であることは以前から聞いてきた。それで、古書店から『古典語現代語 助詞助動詞詳説 松村明編(學燈社)』など購入したが、まったくの積読状態であった。

本書の「解説1990」で大岡信はいう。《「てにをは」が日本詩歌の鍵をにぎっている・・/ 日本語が微妙な揺れ、陰影に富んだ表現を得意とするのも、「てにをは」の精妙な働きのためである》。本書は《「てにをは」の重要性と面白さを徹底追及した本で、かつてこのような機智と説得力に富んだ文法の書が書かれたことは一度もなかったと言っていい》。

本書には、辞典や文法書には収めきれない内容が盛られている。逆をいえば、これだけの濃くふかい内容をカットしたうえで辞典やテキストは成立しているということだ。特に、「日本語で一番大事なもの」が歴史上どのように変遷してきたか、文法事項としてある区分・用語に括られまとめられてはいるものの例外もあって説明のむずかしいものなどの話が、よい対話者である丸谷によって引き出されていく。日本語から見える日本人の思考様式もあぶりだされる。

大岡は最後にいう。《この本を読んで文法好きになる青年たちがたくさん出たら大したことだと思うが、私はまた、学校で文法にはつくづく参らされた思い出をもつ実にたくさんの元生徒、元学生たちが、この本を読んで得るであろうものの大きさにも、愉快な気持ちで思いを馳せずにはいられない》。


古典基礎語辞典

古典基礎語辞典

  • 作者: 大野 晋
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2011/10/20
  • メディア: 単行本



岩波 古語辞典 補訂版

岩波 古語辞典 補訂版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/02/08
  • メディア: 単行本


続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本文法体系 (ちくま新書 1221)』 藤井 貞和著 筑摩書房 [日本語・国語学]


日本文法体系 ((ちくま新書 1221))

日本文法体系 ((ちくま新書 1221))

  • 作者: 藤井 貞和
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2016/11/08
  • メディア: 新書



以下、上記書籍『はじめに』からの引用全文

**********

文法は網羅的であるのがよい。体系的であることが分かるような順序の叙述にしたい。日本語文法を成り立ちから考え直す。古文の読みが愉しくなるのではないかという工夫を、そこここに鏤(チリバ)めてある。

学校文法からすこし離れる内容のように見えても、だれもが困っている文法事項には(私じしんがいちばん困ってきたことだから)、懇切に解説をほどこしたい。

手元にある高校生向けの教科書『古典文法』のはしがきに、〈ところで、現行の学校文法は数十年の間、足踏み状態にあ〉る、と書かれている。足踏み状態から一歩を踏み出すために本書は書かれる。

本書の特色を簡潔に言うと、自立語、つまり名詞や動詞その他が展開する、彩り豊かで多様な意味世界と、意味世界の論理を下支えする自立しない語たち(非自立語、助動辞と助辞)の機能的表現とを、分けようとするところにある。

助動辞(助動詞のこと)や助辞(おなじく助詞)の一つ一つに、テクスト上で出会うたびに、その機能語としての役割を問いかけながら、私はいまに至る。『文法的詩学』(笠間書院、2012)、『文法的詩学その動態』(同、2015)で記述した内容を新たに考察し直して、コンパクトに纏めることにした。

『古文の読み方』(岩波ジュニア新書、1984)で学んでくれた中学生、高校生たちはいま、壮年にあり、中年期にさしかかる。気分を新たに学び直したいというかれらの希望を聞くと、本書に取り組む勇気が湧いてくる。

助動辞たちは、「き」 も 「り」 も 「む」も、それに 「けり」にせよ、「ぬ」にしろ、「つ」にしろ、史前史的な変遷史を越えていまにやってきたろう。文献時代にはいってからも変様を見せたり、新たに誕生したりする助動辞はまた多種あり、助辞の類に至ってならば、さらに遠くからやってきた。

八品詞および助動辞/ 助辞は、数千年にわたる言語史的な動態のさなかから “決定”され、われわれの眼前に “浮上”したのであって、“八品詞”ならびに“助動辞/ 助辞”、およびそれらの繋がり方の考察が、たぶん最も有効な体系を提供することだろう。なんだ、伝統文法へ帰れという勧めではないか。たぶん、伝統文法には貴重な知見が詰まっている。

古文のテクストは、私の場合、物語や詩歌を相手にすることが多いので、おのずから物語の文法体系および詩歌のそれが中心になる。日常世界では物語の文法や詩歌のそれで話したり語ったりすることがあるから、談話の文法体系も視野から逸らしていない。物語じたいが会話文や詩歌の集積だから、言語の日常的な在り方を追跡する作業にもなった。

序章を導入部とし、第1~6章を “助動辞/ 助辞”論とし、第7~8章において自立語群の文法的性格を見直し、終章で詩歌をめぐり、文法の真相(-深層)に至る。「おわりに」で正書法にふれよう。


文法的詩学その動態

文法的詩学その動態

  • 作者: 藤井 貞和
  • 出版社/メーカー: 笠間書院
  • 発売日: 2015/02/10
  • メディア: 単行本



古文の読みかた (岩波ジュニア新書 76)

古文の読みかた (岩波ジュニア新書 76)

  • 作者: 藤井 貞和
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1984/05/21
  • メディア: 新書



トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本語とジャーナリズム (犀の教室)』 武田 徹著 晶文社 [日本語・国語学]


日本語とジャーナリズム (犀の教室)

日本語とジャーナリズム (犀の教室)

  • 作者: 武田 徹
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: 単行本



日本語の特性を明らかにする興味深い論考。本書で指摘されている点を意識するなら、新聞・雑誌という(メディア・媒体)器がどれほどのものか了解したうえで、見、聞きできる。底がどの程度のものか分かる。ジャーナリスト(志望者)でないにしても、(生きていくなかでは、誰もが他者に向って自己を明らかにしていく必要があるわけだが、日本語を用いる)一個の発信者として、自己を確立していく上で(困難な道のりではあるが)助けとなるにちがいない。

著者は学生時代の思い出から論議をはじめる。(以下に示す目次を見れば誰であるかわかるが)これまで日本語、ジャーナリズムについて考え発信してきた人々の論考を、著者は自分の経験にそって解き明かしていく。それは、スリリングな内容だ。そう感じるのは、いくばくなりとも、著者が問題意識を抱いた筆者たちの論考を(評者も)見聞きする機会があったものの、明瞭に把握せぬままきたことが関係している。いわば、謎であったことが、解き明かされたのである。評者にとって本書は感謝にたえない内容といえる。

著者自身にとっても、たいへんコアな内容といっていいだろう。これまでもジャーナリストとして生活されてきた中で、つねづね考えてきたことであるにちがいない。日本語の「外へ」出るために、ジャーナリズムの「中で」四六時中苦闘してこられたにちがいない。そして著者は、「外へ」出るための指針も示してくれている。本書中取り上げられている論考自体たいへん興味深いものなので、目次中にあげられている人々を知らない方であればなおさら読んでみることをお勧めしたい。(以下、目次)

はじめに 1:日本語は批評やジャーナリズムの道具となりえるか(詩人とジャーナリスト、言葉が喚起するもの、荒木(享)先生のこと、文章を書く仕事、「彼」ではなく「氏」)

2:命題がたてられないーー森有正の日本語論(荒木先生と森有正、経験と体験、生成文法意味論では語れない、二人の「間」にある言語、鈴木孝夫の自称語と対称語、命題がたてられない、時枝誠記の日本語論、森有正の肉声、日本語なりの論理性)

3:論理的なのか、非文法的なのかーー本多勝一の日本語論(『日本語の作文技術』は教科書、本多とラガナの森有正批判、森の「現実嵌入」論、ずれていく論点、日本語がもつ法則、「わたしはさかなだ」を説明する、解けない疑問,二項対立、神の視点、事実をよりよく伝える、客観報道と主観報道、事実,真実,本質)

4:「である」ことと「する」ことーー佐野眞一、丸山真男、荻生徂徠(「する」型社会となっているか、早すぎた近代人,荻生徂徠、荻生徂徠の言語観、行為動詞があてはまらない、行為的な言語活動として)

5:国語とジャーナリズム(方言では通じない、漢語と口語体の新聞文体、小説における言文一致体、国家と国語と、言葉づかいが階層をあらわす、民主化の時代のジャーナリズム)

6:無署名性言語システムの呪縛ーー玉木明のジャーナリズム言語論(ジャーナリズムと言語システム、言葉はモノの名前か?、現代言語学が届かない、「無署名性言語」の発明、「思われる」と「みられる」、誰もがそう思うはず、イエスの方舟事件、「正しさ」の罠、ニュー・ジャーナリズムの可能性、武器としての三人称)

7:中立公正の理念とジャーナリズムの産業化ーー大宅壮一と清水幾太郎(大宅壮一のジャーナリズム気質、中立公正の理念と産業化、清水幾太郎とジャーナリズム、粕谷一希が語る大宅と清水、綜合雑誌の役割、直接行動への強い希求、大宅と清水の日本語観、「が」がもつ曖昧さ、関係依存型の新聞言語)

8:「うち」の外へ、日本語の外へーー外岡義男の日本語論(『日本語の外へ』の冒頭、湾岸戦争、すべて I から始まる、父の英語、一人称をもたない日本語、言語の自然な本性、I ではなく,「うち」、消えない光、核の傘の下で、時制をもつ言語と,もたない言語)/ おわりに


日本語の外へ (角川文庫)

日本語の外へ (角川文庫)

  • 作者: 片岡 義男
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫



トラックバック(0) 
共通テーマ:

"「大人ことば」で穏やかに話す" 山崎 朋子著 日本法令 [日本語・国語学]


「大人ことば」で穏やかに話す

「大人ことば」で穏やかに話す

  • 作者: 山崎 朋子
  • 出版社/メーカー: 日本法令
  • 発売日: 2016/09/20
  • メディア: 単行本



人間関係に潤いをもたらす会話の方式=「大人の言葉づかい」。それを踏まえた言い回し=「大人ことば」と著者はいう。

ビジネスや日常の場面でのいかにもありそうな例がとりあげられる。会話やメールのやりとりの中での言葉・言い回しの誤用が指摘、正され、解説が加えられていく。なかには、たいへん切実で誰もが知りたいのではないかと思われる例もある。『上階の騒音への抗議』からは、挨拶する程度の知り合いで、のちのちの生活にもからんできそうな人との扱いにくい問題を、良好な関係を維持しつつ解決していく上で、「大人ことば」が有効であることが示される。他には、『年下リーダーへの依頼』、『重要顧客の接待』、『目上の方のご自宅を訪問』、『被災地の仕事関係者との交信』、『初めてのお茶会に招かれて』という場面が取り上げられる。自分は、すでに社会人として十分「大人」であると思う方にとっても、新たな気付きがあることと思う。

著者は歌舞伎に造詣が深く、歌舞伎演目を取り上げつつ「察すること」「分をわきまえること」について記す。たいへんな愛好家であることが伝わってくる文章で、読み物としてもたのしい。

目次

序 大人の言葉づかいが必要とされる時代
「大人の関係」を築くための「大人の言葉づかい」
大人に求められる語彙力
乱暴表現では会話は成り立たない
コミュニケーションには最低限の礼儀が必要
ようこそ、「大人ことば」の世界へ

破 「大人ことば」への転換法
初級編 中級編 上級編
(上記、事例が、ビジネスシーン、プライベートシーン 全6例)

急 スマートに話す技術
「察する」ことが大人の作法
「分をわきまえる」と美しい
説得力は正確な言葉に宿る
言葉づかいは「心づかい」

付録 私的解釈「大人ことば」用例集



「ことば」は「こころ」―もっと「日本語」が上手になりたい人へ (講談社ニューハードカバー)

「ことば」は「こころ」―もっと「日本語」が上手になりたい人へ (講談社ニューハードカバー)

  • 作者: 外山 滋比古
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本



日本語の教室 (岩波新書)

日本語の教室 (岩波新書)

  • 作者: 大野 晋
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2002/09/20
  • メディア: 新書



日本語の磨きかた (PHP新書)

日本語の磨きかた (PHP新書)

  • 作者: 林 望
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/11/04
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)



本田宗一郎 100の言葉

本田宗一郎 100の言葉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本



トラックバック(0) 
共通テーマ:

『語彙力こそが教養である 』齋藤 孝著 角川新書 [日本語・国語学]


語彙力こそが教養である (角川新書)

語彙力こそが教養である (角川新書)

  • 作者: 齋藤 孝
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 新書



著者自身の語彙取得の経験、さらには、大学での授業における出来事、テレビ出演や対談等で得た知識をもとに、あらたな言葉を学び、自分のものとすることの大切さ、増し加えていく方法が示される。それは単に、試験でいい点を取ろうとか、カッコよく見せようなどという目先のことだけでなく、日本の教養レベル全体の底上げを意図してさえいる。そのことは、巻末で、「モテ」の基準を刷新し、イケメンではなく真に教養のある(語彙の連鎖が環を為し、知識の連合によって自分の世界・歴史「観」を語りうるような)男性を愛するよう、女性や周囲の者に勧めていることからもわかる。

共感をもつことのできる、わかりやすい論議がなされていくが、斎藤先生の著書をずっと読んできた者にとっては、冗長の感がないでもない。語彙を増やす方法自体は、目次を見ればおおよそ見当がつく。本書を一読して、「語彙力」増強の必要性を肝に銘じ、新たな語彙習得の動機付けを得たなら、石黒圭氏の『語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング』を手元に置いて、(もちろん、金銭に余裕のある方は、両書を入手して)語彙の量・質の習得、増強に努めることをオススメしたい。


以下、引用

そしてもうひとつ、言文一致を促進させた要因があります。それは、「速記」の技術が高まったことでした。

速記自体は古代ギリシャで始まったと言われていますが、日本に輸入され、実際に使われ始めたのが明治に入ってから。その影響で、伝説的とも言える噺家、三遊亭圓朝が自らの落語を口演筆記させて『怪談牡丹燈籠』を速記本として売り出しました。圓朝は古典落語をまとめただけでなく、新作落語にも精力的に挑戦していた、超人気の落語家です。この速記本は非常によく売れ、大衆に親しまれ、言文一致運動の後押しになったのです。口演筆記は、まさに言文一致の極みですからね。漱石はおそらくこの速記本の存在に影響され、あのような言文一致にいたったのではないか、と私は思うのです。

ペンネームの由来が「くたばってしまえ」でおなじみの二葉亭四迷も圓朝の速記本に影響を受け『浮雲』を書いた。幸田露伴は「明治文学にに最も功労がある人物」として圓朝を挙げている。三遊亭圓朝は、陰ながら、「現代日本語の祖」かもしれません。

圓朝の速記本は今も、『圓朝全集』として読むことができます。明治時代の「喋りの語彙」を味わっていただくには、うってつけの材料です。

以上、p169-170  (「圓朝と漱石とゲーテ」 第4部 8つの訓練で「使える語彙」にする)

*************


語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)

  • 作者: 石黒 圭
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/05/19
  • メディア: 新書



三遊亭圓朝の明治 (朝日文庫)

三遊亭圓朝の明治 (朝日文庫)

  • 作者: 矢野 誠一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/08/07
  • メディア: 文庫



おれの師匠―山岡鐵舟先生正伝

おれの師匠―山岡鐵舟先生正伝

  • 作者: 小倉鐵樹
  • 出版社/メーカー: 島津書房
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本



トラックバック(0) 
共通テーマ:
日本語・国語学 ブログトップ