So-net無料ブログ作成
医学・健康 ブログトップ

「毛細血管」は増やすが勝ち!  根来秀行著 集英社 [医学・健康]


ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!

ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!

  • 作者: 根来 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



毛細血管に焦点をあてた本。たいへん斬新な印象がある。だいじな点は赤色で表記され、4時限・13レクチャーの授業形式で進められる。親しみぶかいイラストもおおく用意され、全体にわかりやすい。

1時限目 老化は毛細血管からやってくる (①毛細血管は人体最大の臓器②毛細血管は命の営みの最前線③毛細血管のスバラシイ5つの働き④毛細血管は年とともに減っていく⑤不調の陰に毛細血管の劣化あり)/ 2時限目 毛細血管が若返るアンチエイジング・ホルモン(⑥血管を修復・再生する「成長ホルモン」⑦血管のサビをとる「メラトニン」⑧メラトニンのスイッチは体内時計⑨まだまだある!血管を助けるアンチエイジング・ホルモン) / 3時限目 毛細血管は自律神経に支配されている(⑩自律神経は毛細血管の司令塔⑪副交感神経が上がると血がめぐる⑫自律神経は体内時計と連動する) / 4時限目 増える!若返る!毛細血管ケア(⑬毛細血管は増える!⑭毛細血管は何歳からでも自分で増やせる)

4時限目には、毛細血管をケアし、増やすための「実習」が備えられている。「睡眠実習」10/ 「運動実習」11/ 「食べもの実習」14 / 「お風呂実習」10/ 「抗ストレス実習」12。全体で57の情報・提案等が示され、実習を促すものとなっている。

心身の不調を感じる方は、いちど目を通すとよいように思う。


【図解】毛細血管が寿命をのばす

【図解】毛細血管が寿命をのばす

  • 作者: 根来 秀行
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ホルモンを活かせば、一生老化しない

ホルモンを活かせば、一生老化しない

  • 作者: 根来 秀行
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2014/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:

「がんでも、なぜか長生きする人の『心』の共通点」 保坂隆著 朝日新聞出版 [医学・健康]


がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点

がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点

  • 作者: 保坂隆
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/12/07
  • メディア: 単行本



がんの告知を受けて気が動転していても、この本なら読めそうな気がする。読んでいるうちに、落ち着いて告知を受け入れていけそうな気もする。活字はおおきめ、行間もおおめに開けられ、話題ごとのページ数はすくない。そして、ですます調のやさしい言い回しだ。

目次を見れば、読まなくてもおおよそ内容はおしはかることができそうだが、本書の値打ちは、内容そのもの以上に、著者の経験に裏打ちされた包容力のようなものを、行間から得られることのように思う。それはやさしさと言ってもいい。がんと告知された心の動揺を、信頼できる人に話しても、その人がその種の経験に欠けるなら、ともに動揺し、沈黙するだけかもしれない。しかし、著者はちがう。みずから告知し、動揺し苦しみ、がんを受容するためのたたかいを患者と共に生きる経験を積み重ねてきている。そうした経験からうみだされる言葉は、やはり重い。やさしい言い回しではありながら、荒れ海に翻弄される小船が、投じられる錨によって安定をとりもどすように、著者の言葉は安心感をうみだすにちがいない。そう、感じる。(以下、『まえがき』から抜粋)

《がんは決して不治の病ではありません。上手に付き合うことで、他の病気も予防し、ときにあなたの人生を輝かせ、生きている意味に気づかせてくれるはずです。/ そして、この本を最後まで読んでくださった方は、もう一つの大切なメッセージに気づくでしょう。/ それは、がんであっても、がんでなくても、「心のありかた」が健康に大きくかかわっているということ。つまり、どんな人でも健康で長生きしたいのなら、まずは「心」を元気にするのが大切だということです》。
トラックバック(0) 
共通テーマ:

『自律神経を良くすれば、耳鳴り、めまい、難聴も良くなる!』 石井 正則著 廣済堂健康人新書 [医学・健康]


自律神経を良くすれば、耳鳴り、めまい、難聴も良くなる! (廣済堂健康人新書)

自律神経を良くすれば、耳鳴り、めまい、難聴も良くなる! (廣済堂健康人新書)

  • 作者: 石井 正則
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2016/11/04
  • メディア: 新書



著者は、現役バリバリの医師。JCHO東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)の 耳鼻咽喉科主任部長。月・水・金の再診を担当している。専門は、神経耳科(難聴・めまい・耳鳴)、内視鏡下鼻内手術、航空宇宙医学、心療耳鼻咽喉科、動揺病・宇宙酔い 。ネットサイト『ドクターズガイド』によると、《 神経耳科の専門医であり、ヨガの公認インストラクターでもある。ストレス疾患の専門治療施設でヨガクラスを定期的に開催し、医師としての専門的な知識を加えることにより、ヨガのポーズと呼吸に着目し、耳鳴りやめまいの改善法として、呼吸法が有用であることを発見、低音性耳鳴りに効果的な呼吸法を開発した。// また、耳鼻咽喉科心身医学研究会の発起人メンバーであり、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙医学審査会委員でもある。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などでも活躍している。現在、初診の診療待ちは2年先という人気ドクターである》と、ある。

「目次」をみていくと《はじめに 耳の病気は自律神経の乱れからきている! 序章 2000万人が悩む不快な耳鳴り、めまい、難聴! 1章 不快な耳鳴り、めまい、難聴が治った4つの症例 2章 耳鳴りは脳がつくり出している音だった! 3章 自律神経を整えるために有効なのは「有酸素運動」「瞑想」「腹式呼吸」 4章 耳鳴り、めまい、難聴を遠ざける暮らしの知恵 5章 耳鳴り、めまい、難聴を遠ざける食の知恵 》となっている。

ストレスと自律神経の不調がモンダイを起こすという。避けるべき「5つの不」と「3つの嫌」がとりあげられ論じられている。「耳鳴り、めまい、難聴のクスリを、わたしができるだけ避ける理由」と題された項目もある。そこでは「とはいえ、必要なクスリもある!」とあり、とりわけ「睡眠障害を放っておいてはいけない」と、習慣性を起こしにくいクスリ名が紹介されている。効果的な運動の仕方、楽におこなえる瞑想法が示されると同時に、よくやりがちな生活習慣でダメなものも指摘されている。

自分のカラダに生じているモンダイの原因が何かわからないというのは不安だが、本書に示されている症例と自分のソレとが合致し、やはり自律神経に起因すると知ったなら、本書で提案されていることをとりあえず実施して、モンダイの変化を見ていくのは良いように思う。それでもダメなら、病院へ・・・。


感覚のふしぎシリーズ第4回 聴覚と平衡感覚のしくみ

感覚のふしぎシリーズ第4回 聴覚と平衡感覚のしくみ

  • 出版社/メーカー: 株式会社ニュートンプレス
  • 発売日: 2016/05/31
  • メディア: Kindle版



トラックバック(0) 
共通テーマ:
医学・健康 ブログトップ