So-net無料ブログ作成
生物学 ブログトップ

『AMAZON 密林の時間』 山口大志撮影による写真集 クレヴィス [生物学]


AMAZON 密林の時間

AMAZON 密林の時間

  • 作者: 山口 大志
  • 出版社/メーカー: クレヴィス
  • 発売日: 2017/09/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



動植物、昆虫の写真が豊富に収められている。動物園や公園で撮影したわけではない。「河口の町ブラジルのベレンから、ペルーのイキトスまで、およそ3500kmもの間、見えるものは川と森と空だけ」の世界から、辛抱づよく切り取ってきた写真の数々である。

作者は次のように書いている。「飛行機から見たアマゾンのジャングルは本当にぞっとする。見渡す限り地平線の向こうまで緑の木々に埋め尽くされているのだ。その中から生き物を観察し、カメラのフレームに収めるのは容易ではない。そこに目的の動物がいたと聞いても、ほとんどは遠くにいて豆粒くらいにしか見えない。これまでの旅の経験から自分の思い描いた写真は、アマゾンではひと月の滞在で1、2枚くらいしか撮れないと考えるようになった。よって2,3ヶ月、長いときは半年の渡航スケジュールを立てた。友人からは驚くほどの非効率な撮影といつも笑われたものだ。」

また、非効率なだけではない。危険も撮影と背中合わせにあったことを、同じく後記(「アマゾンに魅せられて」)で作者は記している。「水草の生い茂る美しい小川で水中撮影に夢中になりワニに遭遇」して「肝を潰した」こともあるという。さらには、現地の人が「長さ10メートル、胴体はこれくらい(扇風機ほど)太いぞ」というアナコンダのいる地域で、そして、さらには人為的な危険(「政情と治安の悪さ」)の中で撮影はなされた。

写真集は一般に価額が高い。本書は、写真集にしては、たいへん廉価である。ハードカバーであれば5000円は優に超えるだろう。ソフトカバーにしても、たいへん安いと思う。多くの人が入手しやすい価格で提供してくれているのだろうと思う。また、実際に手に取って見てもらいたい本だ。

「大アマゾン(驚異に満ちた生態系)」と題した湯本貴和京都大霊長類研究所所長の解説は、以下の見出しで展開する。アマゾンとは / 世界最大の熱帯雨林 / 川の森・アマゾン / 熱帯林の不思議な生きものたち / アマゾンの里山 。全体に短いものではあるが、写真集の目次に沿うようにして記される魅力的な内容だ。

アマゾンと聞くと、まず作家にして冒険家・釣り人でもあった開高健の著作アマゾン川・釣り紀行『オーパ!』を思い出すが、当該写真集もそれに肩を並べる魅力的な写真集であるように思う。

目次は、1/熱帯雨林の恵み 2/ 川に生きる(豊饒の大河) 3/ シロウアカリの森で(アマゾンの里山) 4/ 塩場に集まる動物たち 5/ 雲霧林に息づく生命 // 大アマゾン(驚異に満ちた生態系) / 湯本貴和 // アマゾンに魅せられて / 山口大志 本書関連地図


オーパ! (集英社文庫 122-A)

オーパ! (集英社文庫 122-A)

  • 作者: 開高 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1981/03/20
  • メディア: 文庫



カマドウマとハリガネムシと渓流魚と腐生植物(『したたかな寄生』 成田 聡子著 から) [生物学]


したたかな寄生 脳と体を乗っ取る恐ろしくも美しい生き様 (幻冬舎新書)

したたかな寄生 脳と体を乗っ取る恐ろしくも美しい生き様 (幻冬舎新書)

  • 作者: 成田 聡子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/09/28
  • メディア: 新書



上記書籍(『したたかな寄生』)のなかで、とりわけ面白く感じたのは、ハリガネムシに関する記述だ。

ハリガネムシが、カマドウマに寄生して入水自殺させるのだという。

カマドウマは、別名「便所コオロギ」と言われる。バッタのように跳ねる長い足をもち、コオロギよりずっと柔らかく、ちょっとさわるとツブレル。

最近、タレントのふかわりょう氏が、コオロギはさわれても、カマドウマは・・・と、「きらクラ!」というNHK-FMの音楽番組で話していたと思う。虫の苦手な面々には、たいへん抵抗のある虫だ。

ところが、そのカマドウマが、われわれの食と深く関係していることが、『したたかな寄生』に示されている。

なんとその(実験の)結果、川の渓流魚が得る総エネルギー量の60パーセント程度が、寄生され川に飛び込んでいたカマドウマであることがわかったのです。実際にカマドウマが水に飛び込むのは1年のうちで3ヶ月ですが、その時期に渓流魚が得る総エネルギー量の9割以上がカマドウマとなります。そしてその3ヶ月間というのは渓流魚が1年のうちで一番たくさんエネルギーを得られる時期で、冬に比べると100倍にもなります。それを踏まえて計算した結果、年間の60パーセントのエネルギーがカマドウマ由来ということがわかったのです。(「ハリガネムシがつなぐ森と川」p70、71)

さわるのもたいへん抵抗のある虫が、イワナなどの餌になって、それを「美味い」などと言って食していたことになる。

もしかすると、直接たべても美味いのかもしれない。

昆虫食古今東西

昆虫食古今東西

  • 作者: 三橋 淳
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2012/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



そういえば、カマドウマについて、最近、ニュースがあった。

暗い森、ひそかな種まき=寄生植物、カマドウマと共生-神戸大
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112700123&g=soc

光合成をやめた寄生植物:腐生植物とカマドウマが共生関係にあることがそこには示されている。

世界はさまざまな共生関係にある。その関係は驚嘆すべきものだ。


森を食べる植物――腐生植物の知られざる世界

森を食べる植物――腐生植物の知られざる世界

  • 作者: 塚谷 裕一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/05/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



余談だが・・・

著者は「あとがき」で、「私たちホモサピエンスは地球のすべての大陸に生息し、・・・略・・・私たちは疑いようもなく現在地球上で最も繁栄している生物種といえます。」と、述べ、次のように続ける。

西暦元年には3億人、その1000年後には3億1000万人になっていました。西暦1000年というと、日本では平安時代です。その頃には、世界全体で人類は3億1000万人、日本全体では600万人程度の人口でした。つまり、平安時代には日本全体で現在の東京都の人口の半分しか存在していなかったのです。 / かつて、1000年間かかって世界全体で1000万人しか増加しなかった人口は、次の1000年ちょっと(西暦1000年~2017年現在まで)で70億人増加し、2017年現在の世界人口は73億人となっています。つまり、現在の人口増加はかつての1000年間での人口増加の700倍でおこなわれており、この瞬間にも1日で20万人もの人間が増え続けています。

その繁栄ゆえにも、他の生物種への影響力甚大な、知性をもつ生物種である人類は、地球上に共生する他の(いまだ知られていないものも含め)生物種すべてに対して責任を負っているのではないか、と思ったしだいである。


IUCN レッドリスト 世界の絶滅危惧生物図鑑

IUCN レッドリスト 世界の絶滅危惧生物図鑑

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2014/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


続きを読む


『したたかな寄生  脳と体を乗っ取る恐ろしくも美しい生き様』 成田 聡子著 幻冬舎新書 [生物学]


したたかな寄生 脳と体を乗っ取る恐ろしくも美しい生き様 (幻冬舎新書)

したたかな寄生 脳と体を乗っ取る恐ろしくも美しい生き様 (幻冬舎新書)

  • 作者: 成田 聡子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/09/28
  • メディア: 新書



寄生に関する本。副題にあるとおり、宿主に寄生して、宿主を乗っ取る事例が豊富に出ている。

『はじめに』で著者のいうには、生物学では、寄生も共生の一つ。「生物種同士が助け合う関係も、害を与える関係も、何の影響もない関係もすべて『共生』」で、「異種の生物同士が同所的に存在することを」「共生」と呼ぶのだそうだ。

そして、「本書では、それらの共生関係の中でも、小さく弱そうに見える寄生者たちが自分の何倍から何千倍も大きな体を持つ宿主の脳も体も乗っ取り、自己の都合の良いように巧みに操る、恐ろしくも美しい生き様を紹介し」ている。

ひとつひとつの事例を見ていくと、寄生するモノらの生存戦略に驚くと共に、トンデモナイ悪であるように思いもするが、なんのことはない、地球に「共生」する生物のなかで、いちばん影響力を示しトンデモナイ悪を成しているのは、ほかならぬ人間ではないか・・。他の生物種を、「自己の都合の良いように」利用し、あるいは無視し、どんどん絶滅のレッドゾーンへと追い込んでいるのも人間ではないか・・・。

そう思えてくるのは、著者の視点が、地球を俯瞰する高みにあるからである。と、同時に、それらの生物たちとおなじ生き物としての自覚をつよく持っているからである。そして、それが、本書の内容の恐さとはうらはらに、たいへん爽やかな印象を与えるものとなっている。

居間で、ホーっとため息をつきつつ、スゴイねーとうなりつつ本書を読んだ。そして、読んだ内容を、家人に話し聞かせ迷惑がられた。思わず話したくなる内容なのだから仕方ない。それでも、内容を話し聞かせると家人もホー、スゴイねーと興味を示した。子どもででもあれば、なおさらだろう。

生物の世界の驚異を家族で実感できる、たいへん良い本であるように思う。

以下、目次

はじめに
1  自然界に存在するさまざまな共生・寄生関係
2  ゴキブリを奴隷化する恐ろしいエメラルドゴキブリバチ
3  体を食い破られても護衛するイモムシ
4  テントウムシをゾンビボディーガードにする寄生バチ
5  入水自殺するカマキリ
6  アリを操りゾンビ行進をさせるキノコ
7  ウシさん、私を食べて!と懇願するアリ
8  あなたがいないと生きられないの!蜜依存にさせるアカシアの木
9  カニの心と体を完全に乗っ取るフクロムシ
10 寄生した魚に自殺的行動をさせる
11 エビに群れを作るように操るサナダムシ
12 脚が増えるカエル
13 巣を乗っ取り、騙して奴隷としてこき使う寄生者たち
14 自分の子を赤の他人に育てさせるカッコウの騙しのテクニック
15 怒りと暴力性を生み出す寄生者
16 操られ病原体を広めていく虫たち
17 幼虫をドロドロに溶かすウイルスの戦略
18 私たちの腸内の寄生者たち
19 私たちの脳を乗っ取る寄生虫
おわりに 参考文献 


海の寄生・共生生物図鑑: 海を支える小さなモンスター

海の寄生・共生生物図鑑: 海を支える小さなモンスター

  • 作者: 星野 修
  • 出版社/メーカー: 築地書館
  • 発売日: 2016/07/20
  • メディア: 単行本



『虫の目になってみた: たのしい昆虫行動学入門』 海野 和男著 河出書房新社 [生物学]


虫の目になってみた: たのしい昆虫行動学入門

虫の目になってみた: たのしい昆虫行動学入門

  • 作者: 海野 和男
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/09/27
  • メディア: 単行本



本書には、標本を撮影した図鑑のような写真ではなく、まさにイキモノとして迫ってくる昆虫たちのど迫力の写真が多数取り上げられている。それもそのはず、著者は「日高敏隆研究室で昆虫行動学を学」んだ昆虫写真家。冒頭、写真撮影についてのマニアックな記述に少々抵抗を感じもしたが、昆虫の生態についての記述には、それだけ撮影にコル方ならではの観察する目の確かさを感じて、脱帽であった。

以下、「第3章 昆虫の運動能力」からの引用。「人は飛行機を作り、1万キロ以上の距離を時速1000キロメートルもの速さで無着陸で飛ぶことができる。かつてのB747ジャンボ機は全長70メートル、重さは満載で350トン近くあるそうだ。70メートルと言えばミツバチのおよそ5000倍の大きさだ。ジャンボ機をそのままミツバチほどの大きさにできたとすると重さはいったいどれくらいになるか計算してみた。すると重さはなんと0.003グラムほどにしかならない。そして速度はだいたい時速0.2キロメートルということになる。 / ミツバチの体重はおよそ0.1グラム。ミツバチがジャンボ機の大きさだったらと計算してみると何とジャンボ機の36倍近い重さがあることになる。さらにその速度はジャンボ機のおよそ250倍になってしまうのだから驚いてしまう。 / ジャンボ機を36倍の重さにした飛行機など、人類はいまだ作ることができない。この重さで自在に飛ぶことがでくるミツバチはたいしたものである。そして昆虫の作りが、人間の作った飛行機械と比べていかに合理的にできているか、とも思うのだ」。


世界を、こんなふうに見てごらん (集英社文庫)

世界を、こんなふうに見てごらん (集英社文庫)

  • 作者: 日高 敏隆
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/01/18
  • メディア: 文庫



トラックバック(0) 

『街なかの地衣類ハンドブック』 大村 嘉人著 文一総合出版 [生物学]


街なかの地衣類ハンドブック

街なかの地衣類ハンドブック

  • 作者: 大村 嘉人
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 単行本



「都会に自然はない」ように言われもするが、そんなことはないと著者はいう。「都市部の自然は、見慣れてしまって一見すると面白みがないと感じるかもしれません。しかし、木の幹や古いコンクリートなどに近づいてみると、今まで気づかなかった地衣類が織りなす“別世界”を発見できるかもしれません」/「皆さんが普段見ている景色の中には、必ずと言っていいほど地衣類が生えています。しかし、視界に入っていても気づかずに通り過ぎていく人がほとんどでしょう。コンクリートや岩の表面などにペンキの染みのようになっているあの『汚れ』や、木の幹にべったりついている灰色や黄色っぽい『コケ』だと思っていた生き物の正体は、地衣類かもしれません」/「地衣類は私にとって小宇宙のような存在です。・・・中略・・・皆さんが地衣類を“宇宙”と思うかどうかはさておき、その存在を知ると今まで見ていた景色と違う世界に見えてくるかもしれません」とある。

本書のコンセプトは「遠くから色合いで地衣類を見つけて、近づいて観察する」。《本書の使い方・凡例》には「これから地衣類を観察してみたいという方を対象に、都市部に生育する地衣類の見つけ方や見分け方にポイントをおいて解説しています」とあり、「入門書である本書では、遠目で見たときの色合いと、近くで観察したときの “絵合わせ” で、おおよその名前を調べられるように58種を選んで紹介しています」とある。10倍程度(望ましいのは15倍)のルーペを用意するよう勧められている。

ページ構成は、地衣類のある種がどこに発生しているのかわかる「遠目」の写真と拡大写真とからなり、分類、分布、見つけやすさ、生育場所、野外での識別(肉眼で直接観察でき、識別に役立つ情報)、特徴が簡潔に示されている。ページ最上部(天小口)には、「地衣類全体が与える色の印象に基づいて掲載種を6色に分け」検索・同定の目安としている。

厚さ5ミリ、大き目のスマホ程度の、まさに「ハンドブック」で、地衣類の“小宇宙”を発見・識別するのに便利。自然探索に、本書を持って街なかへ出よう!


校庭のコケ―野外観察ハンドブック

校庭のコケ―野外観察ハンドブック

  • 作者: 中村 俊彦
  • 出版社/メーカー: 全国農村教育協会
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 単行本



トラックバック(0) 
生物学 ブログトップ