So-net無料ブログ作成
文化人類学 ブログトップ

梅棹忠夫と今西錦司との関係(『預言者 梅棹忠夫』東谷暁著から) [文化人類学]


予言者 梅棹忠夫 (文春新書)

予言者 梅棹忠夫 (文春新書)

  • 作者: 東谷 暁
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/12/20
  • メディア: 単行本



しばらく前、河合雅雄(霊長類学者)さんの講演(NHK文化講演会「今西錦司先生と仲間たち」)で、オモシロイ話を伺った。河合さんの結婚式の際、今西錦司がしてくれた祝いのスピーチは、ちょうど成功したマナスル登頂にふれるばかりで結婚にはふれず「ナンヤソレ」というものだった・・とか、梅棹忠夫は切れ者で、その家に押しかけ議論をふっかけるのだが、河合さんはじめみんな「かえりうち」にあって、グウの音もでないほどだった・・とか、(記憶にしたがっているので、その言葉どおりではないが)今西、梅棹両氏の人柄がみえてオモシロかった。

上記イメージ本(預言者 梅棹忠夫)に、その今西・梅棹両氏の関係が示されている。当方にとっては、新鮮で、また、河合さんの話を裏打ちするものでもあった。

以下、引用

**********

ところで、梅棹の「師」とされている今西錦司はどうしていたのだろうか。梅棹という人間の形成にとって、今西は大きな存在だったことはまちがいない。

そのためか、京都大学に今西錦司の研究室といったものがあって、そこに梅棹が入ったと思っている人が多い。しかし、当時、今西は登山家としては知られるようになっていたが、学者としては京大の万年無給講師にすぎなかった。

このころ梅棹が一緒に山に登り、動植物について語り合っていた仲間は、梅棹を入れて6人いた。梅棹、藤田和夫、川喜多二郎、和崎洋一、吉良竜夫、伴豊の6人で、有機化学に出てくるベンゼンの構造が六角であることから、彼らは自分たちのことを「ベンゼン核」と呼んでいた。このベンゼン核たちが、今西を自分たちのリーダーに担ぎ上げる。

「今西グループは、今西先生の大学での師弟関係を主軸とする心情的なあつまりのようにおもわれていることがおおいが、事実はそうではない。だれひとり今西先生の講義をきいたものはいないのである。ベンゼン核が中心となって先生をひっぱりだしたのであって、それはいわば契約にもとづくゲゼルシャフトであった。そのころ、わたしたちはこのグループの性格を『団結は鉄よりもかたく、人情は紙よりもうすし』と規定していた」

将来、日本を代表する学術探検のグループが、実は、こうした小さな探検家たちのサークルから生まれたことは興味深い。やがて、このベンゼン核を従えた今西隊長による探検が始まり、1941年にはミクロネシアのポナペ島に出かけている。

「今西さんの指導は徹底したものであった。あるきながら現象を観察し、議論をする。わたしたちは“なま”の自然を前にして、それを自分の目で観察して解読する術を徹底的にたたきこまれた。こうしてわたしたちは、いわば探検隊における見習い士官となったのである」

(以上、第2章 モンゴルの生態学者 「大学では探検の日々」から p43-5)


梅棹は、自分たちが形成した今西をとりまくグループには「人情は紙風船よりも軽し」という合言葉があって、議論は人情を捨てて徹底的に行ったと書いている。若い世代が今西につっかかるようにして批判し、それに対して今西がこれまた激しく反論するというのが普通だったらしい。

しかし、こうしたグループにはむしろ「ゲゼルシャフト」以上の感情が生まれるのが自然なのではないだろうか。やや趣が異なるが、夏目漱石を囲む「木曜会」も、参加したばかりのころを芥川龍之介が書いているように、若いメンバーが漱石にくってかかるようにして挑み、それを斬って捨てていくのが漱石の楽しみだった。にもかかわらず、あるいはそのためか、木曜会にはきわめて親密な雰囲気があったといわれている。

(以上、第2章 モンゴルの生態学者 「今西のレリーフ」から p66) 

************

『暗黒のかなたの光明ー文明学者梅棹忠雄がみた未来』(NHKのETV特集)から
3「市民」のあるべき姿とは(梅棹忠雄の場合)
http://bookend.blog.so-net.ne.jp/2011-06-17


行為と妄想 わたしの履歴書 (中公文庫)

行為と妄想 わたしの履歴書 (中公文庫)

  • 作者: 梅棹 忠夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 文庫


続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:

『動物殺しの民族誌』 シンジルト、奥野克巳編 昭和堂 [文化人類学]


動物殺しの民族誌

動物殺しの民族誌

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭和堂
  • 発売日: 2016/11/15
  • メディア: 単行本



『動物殺し』とは、物騒なタイトルである。そして、それに『民族誌』が付言されている。「民族誌とはフィールドワークという経験的調査手法を通して、人々の社会生活について具体的に書かれた「体系的体裁によって*」整えられた記述のこと」と池田光穂氏(本書第2章を担当)はいう。なるほど、本書を通読しての印象と重なるもので、わかりやすい。

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/990204dokkai1.html

どっしりと重い内容である。本書『序』を記しているシンジルト氏によると、「『世界屠畜紀行(内澤旬子 2007)』が世界の屠畜事情に関する日本初のルポルタージュだとすれば、本書『動物殺しの民族誌』は、世界の動物殺しを主題化した日本初の学術書になるだろう」と書いている。そして、「本書は、家畜のみならず、野生動物を殺す行為も扱う。また、食べるための狩猟・漁撈・屠畜はもとより、神に捧げるための供犠も射程に収めており、これらの行為すべてを本書では『動物殺し』という用語で表す」とある。そして、実際には、さらに「動物殺し」が敷衍されて、「嬰児殺し」「棄老」「ホロコースト」といった「人殺し」も範疇に入ってくる。

シンジルト氏の『序』は、「2009年に出版された絵本『いのちをいただく』が日本国内で広く読まれ、多くの感動を呼んだ」ことから始まる。そして、「なぜ、当然のことしか言っていない絵本が、これほど広く受け入れられたのだろうか」と疑問を呈しつつ、その社会的意義として「日本では、屠る現場が不可視な存在にされ、屠るという実践が日常生活から除外されており、その結果、命と肉のつながりは分断されているのである。家畜を屠るあるいは殺す現場を描き、殺しという実践そのものに対する理解を国民一般に呼びかけたこと」であると記している。その後、各章の要約を記したのち、最後をこう締めくくる。

「多くの人は、自らが持つこの種のネガティブな感覚を、世界共通のもので、人間が生得的に持つ本能によるものだと思い込んでいる。しかし、おぞましく感じることの是非はともあれ、動物殺しをめぐる特定の感覚自体は決して人間の本能によるものではない。このことを読者に伝えるのが本書である。読者は、自ら慣れ親しんできたものとは全く異なる世界を追体験し、そこにみられる多様な生命観、環境観の存在に気づき、自己と他者、死と生をめぐる思考を深めることができるであろう」。(以下、目次)

序 肉と命をつなぐために シンジルト

第Ⅰ部 動物殺しの政治学 / 第1章 儀礼的屠殺とクセノフォビア(残酷と排除の政治学)花渕馨也 / 第2章 子殺しと棄老(「動物殺し」としての殺人の解釈と理解について) 池田光穂 / 第3章 殺しと男性性(南部エチオピアのボラナ・オロモにおける「殺害者文化複合」) 田川玄 

第Ⅱ部 動物殺しの論理学 / 第4章 狩猟と儀礼(動物殺しに見るカナダ先住民カスカの動物観) 山口未花子 / 第5章 毒蛇と獲物(先住民エンベラに見る動物殺しの布置) 近藤宏 / 第6章 森と楽園(ブラガの森のプナンによる動物殺しの民族誌) 奥野克巳

第Ⅲ部 動物殺しの系譜学 / 第7章 供犠と供犠論(動物殺しの言説史) 山田仁史 / 第8章 狩猟・漁撈教育と過去回帰(内陸アラスカにおける生業の再活性化運動) 近藤祉秋 / 第9章 優しさと美味しさ(オイラト社会における屠畜の民族誌) シンジルト /後記、索引


絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本)

絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本)

  • 作者: 内田 美智子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/12/03
  • メディア: 単行本



世界屠畜紀行

世界屠畜紀行

  • 作者: 内澤 旬子
  • 出版社/メーカー: 解放出版社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本


続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:

『人類学者への道』川田 順造著  青土社 [文化人類学]


人類学者への道

人類学者への道

  • 作者: 川田 順造
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2016/09
  • メディア: 単行本



巻末にある『初出一覧』を見ると、本書のために「書下ろし」たものは、巻頭のアフリカに関するエッセイ『異文化とつきあう モシ王国と私 1』『懐かしい異郷 モシ王国と私 2』『懐かしい異郷を再訪する エピローグ』と自分の出自について記した『エキゾチックな故郷』のみで、あとは『月刊アフリカ』『朝日ジャーナル』『神奈川大学評論』等に掲載既出のものである。

評者ははじめて川田さんの著作を読む機会を得たが、アフリカの異文化がもたらす興趣だけでなく、思考を刺激し五感に訴えかけてくる文章にも惹きつけられた。かつて、「日本エッセイスト・クラブ賞」を受けているということだが、なるほどと思う。

書籍タイトルは『人類学者への道』、80の齢を越した文化人類学者は、過去を振り返ってこう記す。《十代のころから愛読していたゴーゴリの小説が、『ディカーニカ近郷夜話』や『鼻』も含めて、もしかすると私を文化人類学に向わせた一番深い誘引になっていたのかもしれない。// 『方法序説』の第一部で、青年デカルトが書を捨て旅に出るところも、私には魅力があった。だが、「世間という偉大な実物」の中に自分を投げこみ、「さまざまな生活の人たちと交わり、さまざまな経験をつもう」とする、この永遠に新しい “旅立ち” の思想を語るデカルトと、その後疑う主体としての「私」にひきこもり、演繹にすがって思考を重ねるデカルトとの間の乖離にも私は驚かされる。旅でめぐりあった人たちは、デカルトにとって一体何だったのだろうか。// 私にとってデカルト以上に、ゴーゴリやフェリー二は、文学や映画を表現手段としているが、人類学者の目と心を持っているように思われる。// フェリー二の 『アマルコルド』 や 『サテュリコン』 や 『道化師』 を観ながら、私は何度 「これぞ人類学・・・」と、映画という表現手段に羨望を感じながら思ったことか。特に、他者とのかかわりで、表現する主体としての自分も一個の他者としてユーモラスに眺める感覚をもつ点で、ゴーゴリやフェリー二に、私は共感してしまう(「異文化とつきあう」)》。本書は、そのような著者の人類学者としての歩みをよく知ることのできる書籍であるように思う。
トラックバック(0) 
共通テーマ:
文化人類学 ブログトップ