So-net無料ブログ作成
検索選択
人文・思想 ブログトップ

『内藤湖南: 近代人文学の原点』 高木 智見著 筑摩書房 [人文・思想]


内藤湖南: 近代人文学の原点 (単行本)

内藤湖南: 近代人文学の原点 (単行本)




内藤湖南の名を冠した全集が出ていることは知っているが、その中身は知らずにきた。本書副題には「近代人文学の原点」とある。「原点」を無視するわけにはいかない。そして、本書の発行元は、全集と同じく筑摩書房である。さらに、本書は「湖南生誕150年記念刊行」とある。であれば、本書がいいかげんな本であろうはずがない。きっといい入門書となることであろうと手にした。目をとおしての印象は、「湖南礼賛」の気味があるものの、たいへん緻密に湖南の仕事とその方法が論じられている。しかし、「湖南礼賛」と感じるのは、湖南の全仕事に直接実際に触れていない評者の方に問題があるのだろう。

著者の問題意識は次のような点にある。《多面的な知的巨人・内藤湖南を内側から捉える試みとして、その学問と思想の核心部に位置する歴史学と儒家思想に着目し、特にその「面白さ」に焦点をあてて考察を進めていきたい。すなわち、湖南の文章はなぜ面白いのか、湖南はいかにしてそれらの文章を書いたのか、さらにはどうすれば湖南のように面白い歴史叙述が書けるのか、といった単純にして素朴な問題に解答を与えてみたいのである(序章「湖南の実像をあるがままに捉える」)》。

著者は、そのような問題意識のもと、湖南の著述の具体例を、日中関係論、東西文明関係論、文化論、個別研究、学問論のそれぞれについて見た後、概括して次のように述べる。《 湖南の著述は、中国史に関して学ぶに足る数多くの個別的見解を含んでいる。のみならず、中国とは何か、日本とは何か、両者の関係は如何にあるべきか、人間社会はどこへ進もうとしているのか。歴史を理解するとはいかなることか。経世の志と学問はどう関わるべきか。文化の大衆化とエリート主義のより良い関係とは如何にあるべきか、などなど、現代の我々が抱える多くの根本的な問題を明確につかみ取り、先駆的に鋭くまた深く考察している。それらは読み手の問題意識に応じて、教訓、指針、警告、叱責、激励など様々な意味を有する見解として受け取ることができる。だからこそ、今なお読み継がれているのであり、読み継がれねばならない・・(序章「今こそ内藤湖南」)》。

松岡正剛は、湖南の『日本文化史研究』を評するに先立ち「秋田に生まれ、山陽と松陰に学び、 東洋と日本を貫く方法を求めて、 支那学と日本文化史研究を研鑽しつづけた巨人。 富永仲基を発見して、加上の論理に着目し、 空海にも道教にも、書道にも香道にも、そして山水画の精髄にも通暁した目利きの巨人。平成混迷の、日中怪しき混雑の時、この「歴史と美の崇高」を見抜いた内藤湖南を、 諸君はなぜ読まないのか(『松岡正剛の千夜千冊』1245夜)」と記している。 かくある以上、やはり、読まずばなるまい。

http://1000ya.isis.ne.jp/1245.html


目次は、

序章 今こそ内藤湖南―湖南とは何者か
1今なぜ湖南か
2不朽の理由
3本書のねらいと各章の概要

第1章 中国学者・湖南の誕生―湖南はいかにして「湖南」になったのか
1早期湖南へのアプローチ
2『全集』に収録されなかった早期の論考
3未収録文における湖南の思想的原点
4沸々たる激情

第2章 孟子と湖南―早期湖南はなぜ激越だったのか
1過激で熱く純粋で汚れのない青年
2湖南の刺客論
3理想社会をいかに実現するか
4早期湖南の処世観と孟子
5なぜ孟子の思想なのかーー幕末維新と孟子

第3章 歴史認識とその背景―湖南はなぜ面白いのか
1湖南史学に関する3つの疑問
2湖南の面白さ
3湖南の歴史認識・ものの見方
4変化の思想の背景
5天命を甘受しつつも努力を惜しまぬ人

第4章 湖南史学の形成―面白い歴史はいかにして書かれたのか
1湖南史学を自己のものとする
2対象論
3史料論
4認識論
5表現論
6湖南史学の根本にあるものーー他者への共感と同情

第5章 湖南史学の核心・心知―テキストはいかに理解するのか
1「支那人に代わって支那の為めに考へる」再考
2湖南をどう読むか、湖南はどう読んだか
3いかにして心知するのか
4心知を基盤とする文化的共同体

第6章 湖南を以て湖南を読む―湖南執筆文をいかに鑑別するのか
1未完の全集ーー史料論的検討の必要性
2湖南執筆文の史料論的検討
3研究の深化が全集を完成させる

終章 湖南の面白さの意味―誠と恕の精神
1湖南の至誠が読者を動かす
2恕の精神と歴史の追体験
3誠・恕と現代社会
4理想の追求と不断の努力

あとがき 初出一覧 人名索引



日本文化史研究(上) (講談社学術文庫)

日本文化史研究(上) (講談社学術文庫)

  • 作者: 内藤 湖南
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1976/10/08
  • メディア: 文庫


続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:
人文・思想 ブログトップ