So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
児童文学 ブログトップ

『ノンフィクション児童文学の力』 国松 俊英著 文溪堂 [児童文学]


ノンフィクション児童文学の力

ノンフィクション児童文学の力

  • 作者: 国松 俊英
  • 出版社/メーカー: 文溪堂
  • 発売日: 2018/01/17
  • メディア: 単行本



「ノンフィクション児童文学には、激動の時代をしっかりとらえる力がある。たくましく生きる人間の姿を生き生きと描き出す力がある。ノンフィクション児童文学は、ほんとうのことを知りたいと思い、多くの知識を求めようとする子どもたちに、社会や人間の本質を伝える力を持つ文学である。児童文学に関心を持つたくさんの人たちにそのことを知ってほしいと思って、この本を書いた。」と序文は始まる。そして、(1980年代後半から)〈三十年、ノンフィクションとともにやってきた。その中でとても残念に思っているのは、「ノンフィクションはおもしろい」、「ノンフィクションが大好き」という人が、なかなか増えないことである。絵本やファンタジーを深く愛する人に比べ、残念ながらノンフィクションが大好きな人はまだまだ少ないのだ。 / そんな状況を変えたい。ノンフィクション児童文学はおもしろいと思う人が増えてほしいと思って、この本を書くことにした。〉〈一人でも多くの人ノンフィクション児童文学に関心を持つてもらい、その力を知ってほしいと願っている。〉と序文は結ばれる。

1(章)では、「ノンフィクション児童文学とはどんな文学か」が示され、児童文学のなかでのその位置づけとそのそのジャンルにはどのようなものがあるかが示され、また、どのように「児童文学の世界で、市民権を得るようになった」か、その経緯が簡潔に示される。

2(章)は「ノンフィクション児童文学のあゆみーーノンフィクションの世界を切り開いた人たち」と題され、たかしよいち、石川光男、神戸淳吉、木暮正夫ら4人のパイオニアについて詳述される。

3(章)は、「読んでおきたいノンフィクション児童文学ーー1970年から1990年代までの作品」として、33作品の要約と抜粋が示される。(巻末付録「この本で紹介したブックリスト」には、100冊ほど紹介されている。この部分同様「読書案内」として役立つ)。

4(章)は「私のノンフィクションノート」と題され、題材の見つけ方、取材の仕方、ノンフィクション児童文学の可能性について記されていく。

と、まとめていくと、味も素っ気もない「論文」であるかのように誤解されそうだが、読み物としてたいへん面白い。著者の「熱」が伝わってくる。執筆のなかでの苦労やよろこびも実感できる。思わず引き込まれて、ふと我にもどり、「ああ、自分はいま子どもに戻っていた・・」とたびたび感じながら読んだ。ノンフィクション児童文学の「力」について知りたいと願う方、また、その執筆にあずかろうという方にとっては特に、実作者からの貴重なプレゼントといえる。


さいはての荒野へ―北海道開拓にかけた依田勉三と晩成社の人たち (PHPこころのノンフィクション 2)

さいはての荒野へ―北海道開拓にかけた依田勉三と晩成社の人たち (PHPこころのノンフィクション 2)

  • 作者: 木暮 正夫
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1981/06
  • メディア: 単行本



北の大地に生きる―北海道開拓にかけた依田勉三と晩成社の人たち (PHPこころのノンフィクション 17)

北の大地に生きる―北海道開拓にかけた依田勉三と晩成社の人たち (PHPこころのノンフィクション 17)

  • 作者: 木暮 正夫
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1982/12
  • メディア: 新書


続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:

『絵本を深く読む』 灰島 かり著 玉川大学出版部 [児童文学]


絵本を深く読む

絵本を深く読む

  • 作者: 灰島 かり
  • 出版社/メーカー: 玉川大学出版部
  • 発売日: 2017/11/14
  • メディア: 単行本



著者は2016年に亡くなった。本書はその遺著である。硬質の文章で絵本について解説がなされてゆく。その物語の構造を解き明かし、同様の物語のバリエーション、発展形を示していくのを面白く思った。その射程には『赤ずきん』のような古いものから、ずっと新しい最近のものまでが入る。

「はじめに」末尾で著者はいう。「・・・ストーリー運びを追うだけでは味わいつくせない細部の描写にこめたメッセージや遊びを豊かに受けとめるために、研究者もそれに響きあえる『身体』を備える必要がある。 / わたしは、現実世界に向きあうための『身体』には、たいした自信がないけれど、たっぷりどっぷり作品に浸る『読みの身体』には、いささか自信がある。 / さあ、ごいっしょに、身体ごと絵本の世界を楽しみながら、新しい絵本論のわき出る泉をさがしに出かけよう。」

絵本の読解には、ふつう以上の「身体」が必要とされる。大人の本とは異なり、絵本は「絵」と「文字」で構成され、そして、語り聞かせる際には「声」が関係し、また、語り聞かせる「場」所も関係してくるからだ。そうした、「絵本独自のありよう」をさぐるのが「この本の目的」と著者自身記しているが、まさに、そのような「身体」を鍛錬して身につけた方ならではの著作であるように思う。

「あとがき」で、鈴木晶氏が書いている。〈「絵本をどう読むか」についてまとまった評論を集めたのが本書である。・・略・・第1章から4章までいわゆる論文調で書かれているが、妻がもっとも得意としたのは第5章みたいな、読者に語りかける文体である。本書に収録されていない短い評論は、ほとんどそうした「おしゃべり文体」で書かれていて、妻の人柄が偲ばれるので、いずれ出版したいと願っている」。大いに期待したい。

以下目次

はじめに 絵本論をさがして

第1章 成長を占う旅 少年の場合(1森へいく少年、その基本 / 2森へいく少年、その完成形 / 3森のさらにその先へいく少年 / 4心の奥の森へいく少年)

第2章 成長を占う旅 女の子の場合(1女の子はおつかいにいく / 2小さい母になる女の子たち)

第3章 ポストモダン絵本に登場する見えない友だち(1見えない友だち ジョン・バーニンガムの場合 / 2見えない友だち アンソニー・ブラウンの場合)

第4章 小さい友だち ビアトリクス・ポター論 (1ビアトリクス・ポター その「観察眼」と「頭痛」 / 2『ピーターラビット』の得意な魅力 / 3絵本作家から農場主へ)

第5章 絵本サロン 絵本サロンを開きます / サロン1日め シャーリー・ヒューズ / サロン2日め マリー・ホール・エッツの描いた、男の子の冒険と女の子の冒険 / サロン3日め 「育てる者」と「育てられる者」の葛藤 『まどのそとのそのまたむこう』に描かれた命の神秘 / サロン4日め 進化する赤ずきんたち 

ポストモダン絵本はどう受け継がれているか

付録 灰島かり 論文リスト 灰島かり 著作リスト

あとがき 鈴木晶


絵本翻訳教室へようこそ

絵本翻訳教室へようこそ

  • 作者: 灰島 かり
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2005/05/01
  • メディア: 単行本




共通テーマ:

『物語もっと深読み教室 (岩波ジュニア新書)』宮川 健郎著 [児童文学]


物語もっと深読み教室 (岩波ジュニア新書)

物語もっと深読み教室 (岩波ジュニア新書)

  • 作者: 宮川 健郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2013/03/20
  • メディア: 新書



昨日、『ブックオフ』で立ち読みしているうちに、一冊全部を読みきってしまった。以下は、備忘録として記すもの。


著書は盛岡出身の友人の学校に招かれ、中・高生を相手に特別講義をする。その内容が本書である。

著者は、物語の作者が、自ら立てた語り手をとおし、どのような視点で創作していったのか、「物語」の内容だけでなく、その語り・叙述の方法を取り上げて「深読み」の方法を示していく。例としては、谷川俊太郎「みみをすます」、漱石『坊ちゃん』、『こころ』、太宰『走れメロス』、鴎外『舞姫』、鏡花『高野聖』、賢治『永訣の朝』などをあげる。さらに、昔話とファンタジーのちがいやその構造についてなど語る。

物語を語るその方法に着目することで、「深読み」が可能になることを示し、さらには、自分の「語り手」をつくって、自分たちを取り巻く世界(現実)を再構成して「物語」をつくるよう促しもする。

「読み」と同時に「創作」も考慮されている点で、石黒圭の《「読む」技術 》を想起した。

著者は、宮城教育大で竹内敏晴の研究室に出入りしていた時期に、谷川俊太郎の「みみをすます」について竹内から啓発を受ける。著者はその点に触れていないが、竹内は(その自伝的著作『ことばが劈(ひら)かれるとき』をみると)耳の疾患をかかえて苦労した時期がある。それで、そのような気付きができたであろうように思った。

【自作を語る第13回 宮川健郎さん(児童文学研究者)】
http://zorotai.honmachihiro.com/?eid=190


ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)

ことばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)

  • 作者: 竹内 敏晴
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1988/01/01
  • メディア: 文庫



「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける (光文社新書)

「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける (光文社新書)

  • 作者: 石黒 圭
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/03/18
  • メディア: 新書




共通テーマ:

『ペーパーボーイ 』(STAMP BOOKS) ヴィンス・ヴォーター著 岩波書店 [児童文学]


ペーパーボーイ (STAMP BOOKS)

ペーパーボーイ (STAMP BOOKS)

  • 作者: ヴィンス・ヴォーター
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/07/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



夏のあいだ友人に代わって新聞配達をした吃音・発話障害をもつ白人少年のお話し。その間に起きた出来事、人との出会いを少年はタイプして残す。その残された記録が本書という設定になっている。

描かれるのは、1960年ころのアメリカ南部の生活。人種差別が現在よりはるかに色濃い時代で、「黒人は自分たちの問題は自分たちだけで片づけるし白人や白人の警察には頼らないんだ」という意識をもっている。

その言葉を口にしたのは、少年の家で共に暮らしているメイドのミス・ネリーだ。少年は「マーム(英語本文ではMam)」と彼女を呼ぶ。マームは、少年にとって「世界で一番の友だちだ」。

少年とマームの関わったふたりの間の秘密となった事件が、徐々に明らかにされていく。そして、最後はこう綴じられる。「そろそろタイプもおしまいにしようと思う。/ タイプした紙の束は新聞用の紐でしばって裏庭のテラスへもっていき『やばいソファ』の下のゆるんだレンガの下に埋めてしまおう。/地獄の番犬たちにかぎつけられないよう深い穴を掘らなきゃならない。口から出た言葉は言ったとたんに風に吹かれてどこかへ行ってしまうけれど紙の上の言葉はいつまでも残るのだから」。

読者は、「深い穴」に葬られたハズの物語を読むことができる。


著者のホームページ
http://www.vincevawter.com/


Paperboy

Paperboy

  • 作者: Vince Vawter
  • 出版社/メーカー: Yearling
  • 発売日: 2014/12/23
  • メディア: ペーパーバック



ドライビング Miss デイジー [DVD]

ドライビング Miss デイジー [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD


続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:

『児童文学論 』 リリアン・H.スミス著 岩波現代文庫 [児童文学]


児童文学論 (岩波現代文庫)

児童文学論 (岩波現代文庫)

  • 作者: リリアン・H.スミス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: 文庫



上記書籍を読み始めた。新刊として出たものだが、初版は1964年らしい。息の長い本である。息の長いということは「生命力」があるといってもいいだろう。すこし表現に古めかしさを感じもするが、読み続けられるだけの充実した内容を感じる。


児童文学論

児童文学論

  • 作者: リリアン H.スミス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1964/04/20
  • メディア: 単行本



トラックバック(0) 
共通テーマ:
児童文学 ブログトップ