So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
自伝・伝記 ブログトップ

『藤沢周平 遺された手帳』遠藤展子著 文藝春秋 [自伝・伝記]


藤沢周平 遺された手帳

藤沢周平 遺された手帳

  • 作者: 遠藤 展子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/29
  • メディア: 単行本



藤沢周平(昭和2:1927年~平成9:1997年)が遺した手帳には、昭和38(1963)年から51(1976)年まで、藤沢周平36歳から49歳までの出来事、思いが綴られている。本書は、昭和38年生まれの著者(展子)が、周平の没後20年を経て、『遺された手帳」を引用しつつ、読み解いたもの。

著者は、「父が小説を書く理由としてあげていた、言葉では言えない(「人に言えない」)『鬱屈』の正体を知りたくて」この本を書き始めたという。口数の少ない父が、遺してくれた手帳には、「私の知らなかった父の気持ちや考えが書かれてい」た。執筆を終えて著者は、「今回真正面から向き合ったおかげで、母を亡くした父が、どんな気持ちで私を育ててくれたかがとてもよくわかりました」と記す。

そう書くと、『遺された手帳』は、単なる家族のことを記した身辺雑記と勘ちがいされる方もいるに違いない。しかし、そうではない。昭和39年元日の記述にはこうある。「いま、幸福が手の中にあった時去ったお前が哀れでならぬ。展子を守り私はもう一度生きてみる。お前も一緒にだ。展子の中にお前がいる。悦子よ、安らかに眠れ。・・略・・」。そして、1月21日の記述には、こうある。「会社で新しい机と上衣をもらった。やはり貧しいために悦子を殺してしまったような気がする。貧しさを二人とも苦にしなかったのだが。 / 昨日『上意討』を出し、山戸氏と懇談。三月号もらって帰る」。その記述に対して著者は次のように記す。「父がそのせいで自分を責める気持ちになるのは仕方のないことですが、その後の人生でも父はお金に執着することはありませんでした。やはり父には、人生にはお金よりも大切なものーー小説があったからです。『上意討』は「読切劇場」の四月号に掲載されています」。

『遺された手帳(昭和40年4月)』の記述に対して著者は次のように述べる。「父の小説の書き方は、一つの作品をじっくり何度も書き直して、完成形に近づけていくやり方でした。それは私の夫(引用者注:周平の著作権管理をしている)が父の原稿を整理していて見つけた、草稿の多さからわかりました。ですが気持ちについては、いつまでも同じところにとどまっているのではなく、思い切り良く切り替えて、次の賞を狙うところなどは、三十代の若い父の作家への情熱を感じるのです。 / 父はこの頃から、明確に、芥川賞ではなく直木賞を目指していました。とはいえ、まだオール讀物新人賞を受賞する前ですから、驚きました。しかし、そのくらいの強い意志と実行力がなければ、小説家として生きることは難しい。高校生の頃、父に私が『私、将来は小説書きたい』と言った時に、即座にまじめな声で、『お前のようにのほほんと生きてきたものには小説は書けない』と言われました。今思えば、ただ小説を読むのが好きとか、何となく小説を書いてみたいなどという程度で出来るはずもないわけです。 / 小説を書くのが『体力的』と表現するあたりは、実体験なのだと思います。父は生前、小説を一本書くと、三キロ体重が減ると言っていたことを思い出します。もともと軽量級なので、父にとって三キロは大変なことです。それをもとに戻すのが、また一苦労だといつもぼやいていました。小説を書くには体力が必要だとこの時から感じていたのでしょう」。

『遺された手帳』を読む者は、娘(展子)の成長とそれを見守る者たち(親族、後添い)を背景・遠景として、サラリーマン・作家の「二足のわらじ」から直木賞を受賞して専業作家となり、次々と作品を書いていく周平の作家としての成長の様を知ることができる。まだ、ファクスも電子メールもない時代であり、編集者とのやりとりも、電話や直接会ってである。おのずと人間関係は濃密になる。そうしたなか、義理堅く、丁寧に人に接する周平の姿(家族から見ると「外面のいい」様子)も知ることができる。昭和の時代の人間味を感じさせるほのぼのとした本である。周平ファンのみならず、一読をお勧めしたい。


父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)

父・藤沢周平との暮し (新潮文庫)

  • 作者: 遠藤 展子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/09/29
  • メディア: 文庫



三屋清左衛門残日録 (文春文庫)

三屋清左衛門残日録 (文春文庫)

  • 作者: 藤沢 周平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1992/09/01
  • メディア: 文庫




共通テーマ:

目次:「知の巨人」の人間学 -評伝 渡部昇一 // 松崎之貞著 ビジネス社 [自伝・伝記]


「知の巨人」の人間学 -評伝 渡部昇一

「知の巨人」の人間学 -評伝 渡部昇一

  • 作者: 松崎 之貞
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2017/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



渡部さんの著作を読むようになったのは、『青春の読書』以来である。それまでは、英語の先生がなぜ歴史の本など(しかも、7巻もの)書くのかと不思議に思っていた。『青春の読書』に示された勤勉刻苦の読書人生に、披瀝される知識に、また実直で健康的な(そして生活感のある)ものの見方に惹かれたのである。


渡部昇一 青春の読書

渡部昇一 青春の読書

  • 作者: 渡部昇一
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本



もちろん、人間のことだから、なにからなにまで受け入れるわけにはいかないし、受け入れられるものでもないが、人生を送るうえで、知的精神的に勤勉なその生活スタイルから学ぶところは大である。

《「知の巨人」の人間学 -評伝 渡部昇一》は、渡部さんの生い立ちからその精神のバックグラウンドを追い、その思想のエッセンス、「論争」の歴史と論点をうまくまとめ、また、その著作のよい読書案内にもなっている。必ずしも首肯できないところは、そのように表現されているし、手放しの渡部賛美本でないことにも安心できる。

「知の巨人」の86年を、ちいさくまとめた良書であると思う。

《 評伝 渡部昇一 「知の巨人」の人間学 》松崎之貞著 を読んで
http://bookend.blog.so-net.ne.jp/2017-12-26



(以下、目次)

プロローグ

第1章 アドレッサンス
「あぶらや」の長男 / 視力0.01の少年読書家 / 「生涯の師」に出会う / 大学進学は天佑神助

第2章 幸運の人
「点取り虫」の貧乏学生 / カトリック改宗 / 米留学の運に洩れた特待生 / 英語はドイツ語の一方言 / ドイツ留学 / 「ワタナベは天才だ!」 / 遅れてきた青春 / イギリスで学んだこと

第3章 渡部家の人びと
大学図書館の “住み込み宿直員” / 結婚 / 放任主義とスパルタ教育 / 苦労を重ねた処女出版 / 「輝かしい一年」となったエディンバラ滞在

第4章 メンター点描
ハイエクに学ぶ / 佐藤順太の教え / 露伴開眼へ導いた神藤克彦 / 英語の小説に真の感動を覚える

第5章 慧眼に富んだ “渡部日本史”
自国の歴史に誇りを与える “渡部日本史” / 史的慧眼① 和歌の前の平等 / 史的慧眼② 「神話の力」の発見 / 史的慧眼③ 後世に災いをもたらした明治憲法の欠陥

第6章 独創を支えたセレンディピティ
論壇デビュー、またたく間に寵児となる / 谷沢永一との「読書連弾」 / “渡部本”の魅力はセレンディピティ / 「霊魂」について / 下手な小説よりもおもしろい 『イギリス国学史』

第7章 論争の歴史
いまこそ参照すべき「英語教育大論争」 / 「神」は「上」なり! / 試練を越えて / 「角栄裁判」に異議あり! / 「南京虐殺」などなかった / 論争の精神

第8章 国益の立場から
萬犬虚に吠えた教科書問題 / 朝日新聞との40年戦争 / 「マッカーサー証言」の伝道師 / 尊王の士 / 原発興国論 をめぐって

第9章 実りある日々 
持続する志 / 実りある日々 / 日本人の必読文献 / 新築と金婚式と受章と

エピローグ あとがき [渡部昇一 略年譜]


共通テーマ:

『大人が読みたいエジソンの話 発明王にはネタ本があった! ?』石川 憲二著 日刊工業新聞社 [自伝・伝記]


大人が読みたいエジソンの話 発明王にはネタ本があった! ? (B&Tブックス)

大人が読みたいエジソンの話 発明王にはネタ本があった! ? (B&Tブックス)

  • 作者: 石川 憲二
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2017/03/24
  • メディア: 単行本



子どもたちにもよく知られる「偉人」のひとりエジソン。しかし、流布されている伝記の記述には、ちょっと考えると、そのまま信じることの難しいものもある。著者はソコに突っ込みを入れる。そして、ホントウのところを示していく。そのツッコミの入れ方が軽快で、たのしい。記述されている中には、エジソン自身・本人が明らかにしたものを伝記作者がそのまま受け入れて記したものもあるという。発明家であると同時に企業家でもあったエジソンには、ときに宣伝も必要であったのだ。

著者が本書を書いたきっかけについては、一冊の本が関係している。「子供時代にたくさんの本を読んだ(読まされた)エジソンだが、当時の彼がもっとも興味をもち、大きな影響を受けたのがリチャード・グリーン・パーカーという著者の科学入門書『A School of Natural and Experimental Philsophy』(以下、『自然と実験の哲学』とする)であることは多くの資料が記している。ところが、それほど重要な1冊でありながら、これまで詳しく解説されることはなかった。このため、エジソンの生涯を探るうえでミッシングリングのような存在になっていたのである」。筆者は、その本を入手し苦労して読み進める。そして、「あの発明はここからヒントを得たんだ!」と思える箇所を次々と見つける。「発明王の人生の設計図を盗み見ているような気分にすらなる。

本書は、厚さ1センチに満たない本ではあるが、著者のそうした興奮が伝わってくる内容で、エジソン伝の「裏」(ホントウのところ)も知ることができ、誰かとエジソンのことを話すときのネタとして十分に過ぎる。

*********
〈以下は、著者が「次の3冊は、比較的、信頼できると判断したので(ただし、すべての情報が正確だとは限らない)、基礎資料として重宝させていただき、文中でも何度か引用している」本〉


エジソンの生涯 (1962年)

エジソンの生涯 (1962年)

  • 作者: マシュウ・ジョセフソン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1962
  • メディア: -



エジソン―20世紀を発明した男

エジソン―20世紀を発明した男

  • 作者: ニール ボールドウィン
  • 出版社/メーカー: 三田出版会
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 単行本



エジソン―電気の時代の幕を開ける (オックスフォード 科学の肖像)

エジソン―電気の時代の幕を開ける (オックスフォード 科学の肖像)

  • 作者: ジーン アデア
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本



トラックバック(0) 
共通テーマ:
自伝・伝記 ブログトップ